テンプラーナ早期介入療法~脳性麻痺・癲癇・痙縮・胃瘻など医療ケアが必要な女の子あいちゃん①|自然治癒力を高めるなら東京銀座のリフレクソロジー(反射療法)サロン|BEMANA -ビマーナ-

新着情報
What's New

新着情報

27 テンプラーナ早期介入療法~脳性麻痺・癲癇・痙縮・胃瘻など医療ケアが必要な女の子あいちゃん①

  • 2017.12.01 13:39
  • カテゴリ: テンプラーナ早期介入療法


テンプラーナ早期介入療法

ケースモデルをお願いしているもう一人の女の子あいちゃん(6歳)
あいちゃんは介助がないと起きることも座ることもできません。左手に痙縮があり、物を握ったり動かしたりもできません。
毎年この季節は体温が34度台になるそうです。
9月からお母さんが毎日顔の神経反射療法療法をしていますが、体温は36度前後を保っているようです。


先日足の神経反射療法をプラスしたことで、冷たく紫色だった足が温かくなり赤味も帯び、爪もピンク色に変わりました。そして指の向きも変わりました。
同時に左手も温かくなり、リラックスできたのか少しづつですが動き始めました。


この日はおばあちゃんもいたのですが、少しでも何かできたらと一緒に学んでいます。
ご家族の笑顔に出会えてとても嬉しかったです。

 

24232471_1753539774718247_7862159768750036766_n 24232795_1753539778051580_3761387778515927489_n

 

※テンプラーナ早期介入療法についてお問い合わせは
ビマーナ
https://www.bemana.net

日本ソレンセン式テンプラーナ早期介入療法協会
http://www.temprana.jp

 

コンテンツ
アクセス

access

BEMANA
〒104-0061
東京都中央区銀座1-13-5
花ビル3F
TEL.03-3563-1802
受付時間:11:00~19:00(最終受付) 定休日:不定休
PAGE TOP